ライフスタイルは自分で決めよう

ライフスタイルは自分で決めよう
ライフスタイルは自分で決めよう

どうもこんにちは。

 

僕は今フリーランスとして販売の仕事をしながら、バイトもしています。

フリーランスとしての仕事は色々な人と出会う機会があり、仕事をする場所も色々変わるのでとても刺激になり学ぶことが多いんですが、バイトも同様に学ぶことが多いんです。

 

なんでフリーランス一本じゃなく、バイトまでしているのか?

と疑問に思った人もいるかもしれません。

これには理由があってフリーランスの仕事は僕個人での仕事になるんですが、バイトはチームでの仕事になるからです。

 

個人的なスキルを上げるフリーランスの仕事と、大人数のチームとして仕事をするバイトでは得られるものが違います

だからこそ今フリーランスとバイトの両方をやっています。

 

それに家族と過ごす時間を確保しておきたいという価値観を持っているんですが、仕事を両立することでその価値観に沿った生活ができています。

 

自分の中では「こうでなければならない」という固定概念を変えるためにも、今までの先入観に捉われない生き方を実践しています。

固定概念、それは可能性を制限するもの

 

今の僕のようにフリーランスとバイトの両立をして仕事をしている人はそんなに多くないと思います。

フリーランスになったなら一つの仕事に専念して結果を出したり、もっと自分の価値や地位を高めるために力を注ぐ人の方が多いんじゃないかと思います。

 

一つのことを一生懸命やる

 

この言葉が僕の固定概念の一つです。

確かに一つのことを一生懸命やることは素晴らしいことです。

ただ僕が思うのは、ずっとそれが必要なのか?ということです。

新しいことを始める、何かを変えるときというのは大きなエネルギーや力や集中力が必要になります。

そんなときは「一つのことを一生懸命やる」ことは成果を出すために大いに役立つと思います。

ですがある程度色んなことを知り、経験を積んでくるとこれは本当にそうなのか?と疑問に思います。

 

一つのことから学べること以外にも、世の中には学ぶべきことが沢山あります。

自分の知らない分野、知らない世界が数多くあります。

だとしたら今の現状に新しい学びを加えるか、今のままの限界値で止まるかのどちらかの選択になります。

限界値で止まるほうを選ぶと、もしかしたら自分の成長にとってとても重要だったことを知らないままで終わるかもしれません。

良いか、悪いかは自分で決める

 

とても重要なことは、自分のライフスタイルが良いか悪いかを他人に評価されることではなく、自分が決めることです。

大切にしたい価値観を放っておくよりも、大切な価値観を実現するために行動するほうが精神的に充実感を得られると思います。

 

僕は今のライフスタイルを選択した時、社会人としてそれでいいのか?といったことを言われました。

会社員に比べて不安定な生活で家族はどうするんだ?と。

もちろんフリーランスは受注により報酬が決まるので、毎月決まった金額とは限りませんしバイトも決まったシフトではないので毎月決まった金額ではありません。

 

僕の場合、だからこそ今できることを精一杯やるために行動することができます。

毎月決まっていることに退屈感を覚えてしまいます。

以前会社員の時は会社や周囲の評価、必要とされる価値観に重きを置いていましたがその価値観が変わったのでもう充実感を得ることはできません。

 

そして今のライフスタイルが必ずしもゴールではなく、その時その時に大切なものも変わっていきます。

だからこそこれからもライフスタイルを固定せずに、固定概念に捕われずにやりたいことをやっていくことが自分らしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です