Apple Watchを使ってマインドフルネス瞑想を2週間やってみた結果!?

どうも。

今回は僕が今ハマっているApple Watchの呼吸アプリを使ったマインドフルネス瞑想についてお話ししたいと思います。

 

 

実感としてある結果は

  • ストレスの解消、軽減
  • 雑念が消えて今に意識が向く

 

大のAppleファンなのでApple Watchのseries3を持っているんですが、その中に呼吸アプリというものがあってこんな記載を目にしてました。

 

マインドフルという言葉を知らなかったので何もしていませんでしたが、集中力がどうしても続かなくて困っていたときネットで検索して初めて意味を知りました。

 

とりあえず無理なく続けられるように毎日2分間だけApple Watchを使ってやってみたんですが、今Apple Watchを持っているけど呼吸アプリを使っていない人や、これからApple Watchを買おうと思っている人に是非読んでもらいたい記事です。

 

マインドフルネス瞑想の効果と方法とは

 

マインドフルネス瞑想の効果とは

 

  • 意識が今に向いて集中できる
  • 深呼吸によってリラックスできる

 

マインドフルネス瞑想をするためには深呼吸と、呼吸だけに意識を向けることが重要になります。

深呼吸は多く知られている通り、ストレスを緩和したりする効果があると言われていますよね。

イライラした時や本番前の緊張状態の時には深呼吸が効果的とされています。

 

もう一つ大切なのが、目を閉じて静かな所で呼吸に意識を向けるということです。

「呼吸に意識を向けるってどういうこと?」と僕も最初は理解できなかったんですが、息を吸って吐くという行動をただ感じるみたいなことです。

多分目を閉じて呼吸だけに意識を向けようとしても最初は色々浮かんできました。

 

この後のプランはどうしようか?

このマインドフル瞑想って効果あるんかいな?

今日は暑いな…

 

無になって今に意識を向けなければいけないのに出てくる出てくる雑念の数々。

出てきてしまうものは仕方ないので、雑念が出てきても自分の意識をすぐに呼吸だけに戻す

最初はずっと雑念から呼吸に意識を向けるばかりでした。

 

何度かやっていると少しづつ雑念は減ってはいくものの、消えることはないですね。

たまたま蚊に刺されてしまってて痒いときなんか雑念の嵐でした。笑

 

Apple Watchを使うとマインドフル瞑想が簡単な理由

Apple Watchを使ってマインドフル瞑想をする最大の利点が

 

  • 時間を1分~5分の間で決められる
  • 深呼吸の間隔が一定に保てる(Apple Watchが吸う時に振動する)
  • 実施した記録がiPhoneのヘルスケアアプリで確認できる

 

 

この手軽さが僕にはとてもあっていました。

画面に呼吸アプリを配置しておいて、マインドフル瞑想をするときにはアプリを押してすぐにスタート。

 

息を吸う時にはApple Watchが振動をするので、振動が止まったら息を吐く

次また息を吸うときにはApple Watchが振動する…

これだけ簡単なのでこの記事を書いている現時点では3週間目に突入しています。

 

まとめ

 

本来マインドフル瞑想は1回5分~10分ほどが最適とされているみたいですが、続ける方が大切だと思うので僕はまだ2分でやっています。

 

ですがそれだけでも今に意識が向いて集中できることと、ストレスが軽減される2つは実感としてあるので試す価値ありです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です