新しい職場で失敗しないための方法とは

どうも。

僕は色々な職場や分野の仕事をしてきましたが、その中で失敗する人と上手くいく人がいます。

新しい職場に希望をもって転職した人もいるだろうし、これから新しい分野の仕事に挑戦しようとしている人もいると思います。

 

できれば失敗せずに上手くやっていきたいですよね。

僕の経験や周囲の人を見て思ったことを紹介していきます。

 

新しい職場で失敗する人の特徴

  • 前の職場の話ばかりする
  • 教えてもらう姿勢
  • 目標がない
  • 文句ばかり言う

 

新しい職場で上手くいく人の特徴

  • 新しいことに興味を持つ
  • 学ぶ姿勢をもっている
  • 目標がある
  • 信頼関係を築こうとする

 

失敗する人と上手くいく人は行動がほとんど真逆なんです。

失敗する人と上手くいく人の例をあげながら解説していきます。

 

新しい職場で失敗する人の特徴

 

前の職場の話ばかりする

 

僕の感覚では約半数ぐらいの失敗する人が前の職場の話ばかりをしていました。

僕自身も最初はこれをやってしまい、職場に馴染めなかったこともあります。

そこから学べたんですがこれは意外にやってしまいがちなことだと思います。

 

同じ業界の場合、例えば飲食業から飲食業であれば「前の職場は衛生面に気をつけるためにこうしていました」とか。

「お客様への対応が酷い。前の職場ではこんなサービスあり得なかった。これじゃダメだと思います」とか。

「前の職場はみんな仲良くて、とても楽しかったんですよ」とか。

 

分かるんです。言いたくなる気持ちは分かるんですが、言わない方がいいこともあります。

なぜ言わない方がいいか。

それは「今あなたが働いているのは前の職場じゃない」からです。

 

新しい職場には新しい職場のルールや風土、そして仕事への意識があります。

仮に前の職場がものすごくレベルの高いサービスを提供していて、スタッフ同士の仲がめちゃめちゃよくて、売上や顧客満足度が業界一高かったとしても言わない方がいい。

 

その理由は新しい職場には新しい職場の歴史があり、スタッフの思いがあり、前の職場より劣っていると言われているような気になることを素直に聞き入れられる人間は少ないからです。

それにあなた自身はその最高のサービスを提供し、スタッフをまとめ、売上や顧客満足度を高める貢献ができる人材なのかどうかです。

 

誰でも言うのは簡単で、実際に変化を起こしたり人を育てたりリーダーシップをとって引っ張っていける人材も少ない

あなたがこれらをできないのなら言わないほうがいいです。

言うのであればもっと影響力を持ってからのほうがいい。

前の職場の話はせずにビジョンを示せばいいんです。

皆んなが聞き入れてくれるし、協力してくれるし、前の職場のような状態にすることができるはずです。

 

教えてもらう姿勢

 

違う業界に移ったりした場合に起こりがちなんですが、業界が変わり仕組みも変わり用語も違うので全くわからず、自分から主体性を持ってやってみたり教えてもらったりせずに分からないから教えてもらえるのを待っている人

 

新しい職場で失敗しないためにというよりは、初めて仕事をする上でも待ちの姿勢はあまり好まれません

ましてや一度社会人として働いた経歴があるにも関わらず教えてもらうまで待ちの姿勢は好まれません

もしあなたが逆の立場だったらどう思うでしょうか。

社会人として5年違う業界で働いてきた人が、入社してきて教えてもメモも取らない、分からないことを聞いてこない、分からないからとやらない

 

「この人はダメなのかな…」と僕なら思います。

 

目標がない

 

新しい職場で失敗しないためには目標も必要です。

というか多くの場合新しい職場に移るということは、給与のアップであったり、自分のキャリアアップであったり、スキルを学ぶためであったりすると思います。

もしこういったことが理由であれば目標が元々ある前提で新しい職場に来ていると思います。

 

もう一つは前の職場が嫌で辞めたとか、ブラック過ぎて辞めたとかだと思います。

この場合は新しい職場に目標を持って入るということが難しいかもしれませんが目標を作った方がいいです。

目標はなんでもいいんです。

一通りの仕事を覚えてからでもいいので目標を持ってやった方がいいです。

 

目標がなくただ日々を過ごすとなるとまずい状況が生まれます。

学ぶ意欲がないために仕事ができるようになるまで時間がかかるとか、働いていても仕事への熱意が生まれないとか、仕事に集中できないとか、一日一日がただ早く過ぎることだけを考えて過ごすとかです。

 

個人的にはこんな状態であればただ辛いだけなのでその仕事はやめて、もっと自分が打ち込めるものを探すことをおすすめします。

 

文句ばかりを言う

 

新しい職場で失敗したくないのであれば絶対にやってはいけないことだと思います。

職場に入ってみて、「ああ、最低の職場だったな。もう辞めよう。」と思っていない限り文句ばかりを言うことは避けましょう

 

文句ばかり言い続けて行動しない人が上手くいった例をみたことがありませんし、文句ばかり言い続けて周囲の人から信頼を得て影響力を持っている人も見たことがありません。

文句ばかり言う人はネガテイブ思考なので、職場にいい影響を与えることはないかと思います。

その人がいることでプラスになることはないけど、気分が害されるといったマイナスが大きい。

周囲から信頼を得られずやがて孤立する可能性が大いにあります。

 

新しい職場で失敗しないための最善策は?

 

まずは新しい職場に合わせる

 

どんな職場であれあなたは新人です。

新人である限り最初は先輩に教えられる通りに仕事をこなし、職場のルールを守ることで早く人間関係の構築に努めることです。

最初は学習と努力が必要です。

 

仕事の範囲を広げ、スキルを上げ影響力を持つ

 

まずは多くの仕事を主体的に学び、スキルを上げることです。

仕事に対する主体的な姿勢と力量がつけば、信頼され尊敬され影響力を持ってきます。

ここからあなたの意見が聞き入れられるはずです。

 

まとめ

 

新しい職場で失敗しないための方法を解説してきましたが、新しい職場に移るということを選んだあなたは実はものすごく勇気があります。

 

変化を選び、変化していくあなたは素晴らしい

 

新しい職場に移るということは今までの慣れ親しんだ安心感のある職場から、どんな人がいるのか分からない、やったことのない仕事をやるわけです。

僕も10年間同じ仕事をしてきて業界を変えて仕事をしたとき、とても変化が辛かったこともありました。

10年間同じ仕事をしていると、ある程度の地位であったり発言力、影響力もありましたが、全てが一からのスタートだったからです。

会社の部長クラスの人が新人として働くなんて難しいと思います。

今までの実績や凝り固まったプライドがあって新人に戻るなんてできない人もいます。

 

ですがその変化を超えていくからこそ成長でき、新しいスキルや視点を身につけ人として大きくなることができます。

ここにあげた失敗しない方法を是非参考にして、新しい職場で頑張ってください!

 

あなたのこれからの成功を応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です