人の記憶が薄れて忘れることがなかったらどうなるだろう

どうも、こんにちは。

 

以前Twitterでツイートした内容なんですが

反応が良かったので詳しく書いていきたいと思います。

 

 

 

楽しい思い出や幸せな場面は残るようにと

みんな記憶が薄れてもいつでも見られるように

ビデオを撮ったり写真を撮ったりしますよね。

 

だけど悲しいことや怖かったことは

なるべく忘れたいと思うんじゃないでしょうか。

 

そして事実、過去の出来事の全てを

正確に思い出すことはできないと思います。

 

僕らはかなり自分に都合のいい記憶を

作り上げて生きて自分にとって不都合なことを

消していっている気がします。

 

この記事は個人的な考えのものであり

フィクションです。

 

全てが正確な記憶は悲劇を生む

 

記憶がもし薄れることがなくて

んな記憶も鮮明に残ってたらどうなるのか。

 

僕が思う結論は悲劇です。

 

なぜかというと僕自身も薄れてしまった記憶があります。

そして多分この記憶が今も鮮明に

当時の心の状態も覚えていたら

多分誰とも関わりたくないと思います。

 

  • 怖かったことや悲しかったことが相馬等のように見える
  • 後悔ばかりが続いて前を向けなくなる

 

全ての記憶がハードディクスに保存され

場面ごとにYouTubeの動画のように

何回でも再生できたら

繰り返しになりますが

悲劇だと思います。

 

怖かったことや悲しかったことが相馬等のように見える

 

怖かった記憶や悲しかった記憶が

何一つ当時と同じ状態で残っていたら

見たくない記憶だったとしても

記憶のキーワード(人の表情や行動)と同じようなことが起こると

目の前に映像が見えて

鼓動が上がり冷や汗が出て

身体が震えるんじゃないでしょうか。

 

そして一度最初から最後まで見終えると

また落ち着き今の自分に戻る。

 

同じように記憶の再生を始めるきっかけがあると

怖さや悲しみを全て思い出し

心身ともに疲れていく。

 

大好きだった恋人が浮気をして

別れることになったときの記憶が全て残っていたら

記憶が再生される度に相手の顔の表情を見て

真意はどうであれ「元々私のことをすきじゃなかったんだ」と

確かめることのできない憶測に囚われて

その後も人間不信に陥ってしまうかもしれません。

 

後悔ばかりが続いて前を向けなくなる

 

全ての記憶が正確に残っていたら

「あの時こうしていれば…」という映像が見えて

後悔の念が定期的に襲ってきて

次頑張ろうという気にはなれないかもしれません。

 

よく「過去と決別して」というワードがありますが

記憶が消されることなくぼやけることなく

忘れることができない場合は

過去の失敗や後悔とも決別ができない状態です。

忘れたいのに正確な記憶が残り忘れることができない。

 

これは悲劇です。

 

意味づけを変えることができない

 

記憶が忘れられないという他に

僕らは過去の出来事に

意味づけを行なっている場合があります。

 

「過去の失敗は今の成功のためにある」

「恋人との別れはお互いの成長のため」

 

とかですね。

 

でも記憶に含まれる感情も全て正確だということになるので

その時に思ったことから変えることができません。

 

「失敗した…もうダメだ…」

「こんなに好きなのになんで別れなきゃいけないの?」

 

こんな風にその時の感情もセットで記憶されて

変えられなかったら意味づけなんてできないですよね。

 

現実には記憶が薄れ忘れられる

 

過去の怖かったり悲しかった記憶は薄れて

忘れることができるのが現実です。

 

そして後で意味づけをしたり

記憶を変えることで僕らは前に進んで行けるんじゃないかと思い

ます。

 

結局のところ僕たちは見たいものを見て

自分の思い込みで世界を見ています。

 

同じ出来事を体験した人同士でも

人によっては記憶が違ったりもします。

 

だから記憶という過去ばかりを気にせずに

僕らは今を一生懸命やり切るだけだと思います。

と最後は綺麗にまとめておきます。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です