自己啓発を効果的に成長に変えるための方法

今の自分よりも成長したい。

もっといい人になりたい。

成功するために必要なことを知りたい。

 

何かしら目的があって自己啓発を学ぶと思います。

ただ自己啓発の本を読んでも成長した気がしない。

本を読んで色んなことを知ることができたけど

実際にどうしたらいいのか分からず成長の実感がない。

 

そんな方に自己啓発について得られるものと

学んだことの活用方法について解説していきます。

 

自己啓発をただの読書で終わらせないためにすべきこと

 

自己啓発で一番学びやすいものと言えば本だと思います。

書店に行けば”自己啓発”というコーナーがあるくらいです。

 

しかし本を読むだけで本当に自分の成長のためになっているのか

そこが一番知りたいところですよね。

 

ただ本を読んで終わって終わっていないかどうか。

自己啓発の本を読んで終わりにしないためにするべきことがあります。

それはアウトプットです。

 

スポーツでフォームを教えられたとしても

実際に繰り返しやってみないことには

できるようにはなりませんよね。

 

自己啓発とはただ知っているだけでなく

感情面の成長であったり

人との接し方であったり

普段の考え方の変革であったりするので

繰り返し行動する。

 

または実際にやってみるアウトプットがなければ

知っているというだけで終わってしまいます。

 

有名なビジネスの書籍に「7つの習慣」という本があります。

この本を1冊読んで様々なことを知ったとしても

実際に行動に移すアウトプットがなければ身につくことはありません。

 

本の内容は割愛しますが本書の中には

 

  • 主体性を発揮する
  • 目的を持って始める
  • 重要事項を優先する
  • 影響力の輪・関心の輪
  • 刃を研ぐ
  • Win-Winを考える

 

これ以外にもたくさんのことが書かれていますが

全て知っているだけでは身にならないことです。

 

この中の「刃を研ぐ」を例に挙げると

いつも自分のパフォーマンスを維持するために

肉体的メンテナンス、精神的メンテナンス

社会・情緒メンテナンス、知性メンテナンスをしなければ

パフォーマンスを維持できなくなるよ

ということが書かれています。

 

一つ例に挙げると肉体的なメンテナンスとは運動や筋トレ

睡眠時間の確保などです。

つまり全ては行動しなければいけないものばかりです。

 

考え方を変えるときには意識的に

本を読んだり話す言葉に気をつけたりします。

 

折角知ることができた自己啓発の知識を

知っているだけで終わりにしないために

行動に移すというアウトプットが大切です。

 

自己啓発を学んで得られるもの

 

自己啓発を学んで得られることは

今までの自分よりも少し成長した自分です。

 

少し成長したとは今まで知らなかったことを知り

できなかったことができるようになり

上手くいかなかったことが少し上手くいくようになった。

そういった小さな成長です。

 

自己啓発を学んでも一夜にして状況が良くなる。

といった即効性はありません。

即効性はないけれど継続して学び行動する癖がついて

やがて大きな成長を感じられるようになります。

 

個人的な話ですが僕は昔対人のコミュニケーションが苦手でした。

初対面の人とまともに目を見て話すことができない状態でした。

そこからどう変わったかと言うと

自己啓発でコミュニケーションに関することを学び

意識して行動することで今は販売営業ができるまで

コミュニケーションに関して成長することができました。

 

ですが今の僕を知っている人は

コミュニケーションに対して苦手意識を持っていたとか

初対面の人とまともに話せなかったことを知りませんし

分からないと思います。

 

できるようになってしまってからは

普通のことになっていきます。

 

普通になったら次にコミュニケーションについて

もっと人の感情に訴えかけられる方法はないか

スピーチで人を感動させることができないのかと

次のステップに向けて自己啓発を学んでいます。

 

成長してもまた自己啓発を学ぶことで

日々小さな成長を続けることができます。

 

学んだあとのアウトプット方法とは

 

自己啓発の本を読んで行動することが大切ですが

もう少し具体的なアウトプット方法は

知識を定着させるために自分の言葉で説明してみる。

 

  • 誰かに教えてあげる
  • ブログに学んだことを書いてみる
  • Twitterに投稿してみる

 

これらは知識の理解を深めるためにやったほうがいいことです。

教えてあげるというのは相手に理解してもらうことなので

自分が理解していないと例え話や意味の表現ができません。

 

ブログに学んだことを書いてみるのは

学んだ知識を活かして自分の意見と合わせ表現するため。

 

Twitterに投稿してみるのは本質を理解して

短い文章でも要点を押さえられているかどうかを確かめるためです。

 

僕が自己啓発を学んだときは部下に教えることをしていました。

「7つの習慣」を学んだときはタスクの優先順位の付け方や

人に影響力を与えるためには

まず自分の影響の輪に集中することなどです。

 

部下からしても興味がある内容のものを教えていました。

これを繰り返していると自分の中での理解は更に深まり

教えてあげた部下も成長をしていきました。

 

ブログに学んだことを書く時は

今までの経験や自分の価値観と合わせ

「これはこういった見方もできる」とか

「実は全く関係ないように見えることと同じ」とか

自分独自の視点で物事を捉えられるようになりました。

 

Twitterに投稿してみると「いいね」がついたり

リツイートされたりして自分の発信は

要点を捉えられていることも分かりました。

 

知識として知った自己啓発についても

アウトプットをすることで自分の身になり

力になっていきます。

 

今回ご紹介した「7つの習慣」はこちら

ビジネスマンとして身につけておいたほうがいいことを網羅的に学ぶことができます。

 

 

7つの習慣-成功には原則があった!

新品価格
¥3,200から
(2019/8/13 22:03時点)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です