成功の経験談なんて聞いても価値がない。本質が全て。

どうも。

 

本当に自分は成功へ近づくことができるんだろうか。

他人の経験談を聞くことに価値があるんだろうか。

そんなことを考えて自分なりの解釈をしてみたので

是非見て頂ければ幸いです。

 

経験談を聞くだけでは価値がない理由

 

成功している人の経験談を聞くだけなら1円の価値もない

これが僕なりの解釈です。

 

Twitterや色んな人のブログを見ていると

ブログで稼いでいる人や

1日数十分の作業で月数百万円稼ぐ人がいます。

 

一般人からすればまさに成功している人。

こういった人達のツイートを見ていると

「稼げるまでに〇〇をしました」なんてワードが沢山出てきます。

僕自身こういったツイートを見て

自分もブログで稼げるようになるには

同じようなことをしなければいけないんだ!!と

ツイートを見る度に気合を入れていたんですが…

 

なんかこれって的外れな解釈じゃないのか?とふと思ったんです。

 

継続できる人がこの世の中には少ないから

どれだけ成功への行動を示しても

本当に継続して行動し、成功できる人は一握りだという意見。

 

でも待てよ。

 

よくよく考えてみれば

ある程度のスキルを持っていて

そのスキルの内容をブログで発信していくことで

稼げるようになったなどただの継続が理由ではありません。

 

ということはスキルを持っていない人とは

目線がまず違うということです。

スキルを持っていないならまずスキルをつけることから始める。

しかもそれはいわゆる稼げるキーワードのようなスキル。

じゃないと月数十万円も稼げるとは到底思えない。

 

だから成功者の経験談から自分がする行動をピックアップして

ただ続けるというのは大きな的外れ。

 

成功の経験談を聞くだけなら本当に価値がない。

そして価値があるのは経験談から自分に使えるエッセンスを抜き出すこと。

 

他人の物語に自分を重ねるのは映画の主人公になりたいのと同じ

 

スキルを持っている状態からスタートしたのか

それとも持っていない状態からスタートしたのかで

目線が違うという話をしたんですが

それと同じく他人の物語は自分の物語とは全くの別物ということです。

 

年齢、生活環境、思考、経験など自分と同じでない限りは

成功者の経験談は他人のハッピーエンドの物語でしかない。

 

そして何よりも同じ人はこの世の中に存在しないので

そもそも論として全く同じ成功体験をすることはありえない。

 

それでも成功者の経験談を聞くと「同じようになりたい」と

思ってしまいがちになるけど100%自分とは別の物語を見ているだけです。

 

大枠は同じでも中身が違う。

物語の大枠は

 

日々に絶望、無力感、希望を失いそこから行動して

挫折を味わい、諦めずに乗り越えて成功した

 

ただ家族や友人の協力もあるだろうし

師と呼べる人に出会えたタイミングでも違うだろうし

なりよりもそもそもの思考が違う可能性だってある。

 

成功の経験談を自分の力に変える方法は本質を見抜くこと

 

ここまで沢山の成功の経験談について否定をしてきましたが

成功の体験談を聞くことで大きな価値を生む方法は

曖昧なゴールを明確にすることです。

 

「ブログで稼ぎたいけど本当に稼げるのかな?」と思っていたとしたら

ブログで稼いだ経験談を聞くことで自分が同じようになれるのではなく

「稼げる」という曖昧なものが見えるようになることに大きな価値があります。

 

また経験談の中の本質を見抜くことが重要で

例えば「ブログ100記事書いたら月数万円が稼げた」という

成功体験を聞いたときに「100記事書けば稼げるんだ!」よりかは

正しい方法で100記事書けば収益発生まで持っていけるということです。

 

100記事という見えているものに気を取られがちですが

本質は100記事書くではなく「正しい方法で書く」です。

 

インターネットでは1対無数のコミュニケーションになるので

ヒヤリングして相手の理解度や思考を理解した上で

話を進めたり要点の伝え方を変えたりすることが

なかなか難しいのかなと思います。

 

だからこそ受け手側は本質を見抜いて

情報を得なければ全ての情報が1円の価値も無くなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です