【働き方】フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーターの違いは一体どこなのか。

”フリーターとフリーランスは同じ”だと

思っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

働き方はそれぞれ違いますが

フリーランスとフリーターのどちらを選んでも

その人の考え方次第で最高の経験になるか

何も感じない無駄な経験になると思います。

 

フリーランスは個人事業主、フリーターはアルバイト

 

フリーランスとは

フリーランスとは組織に属さずに独立して仕事を請け負う人のこと。

つまり個人事業主ということです。

 

仕事を請け負うには自ら営業活動を行う必要がありますが

まずは自分がどんな仕事を選ぶかによって

どんなフリーランスになるかが変わってきます。

 

フリーターとは

フリーターとはアルバイトをして時給や日給の給与をもらう。

働いた時間に対して報酬を受け取り

何か問題を起こしたとき責任は上司である社員が背負う。

 

フリーランスは個人事業主

個人事業主とは商店街にある八百屋さんや魚屋さん

そして車で移動して販売するたこ焼き屋さんなどです。

 

個人で経営をしていて法人化しておらず

株式会社などの法人ではない事業主です。

 

ヤフオクで転売の事業をして収益を得ている人は

法人化(株式会社に)していなければ

個人事業主、つまりフリーランスです。

 

フリーランスのいいところは?

 

会社に依存して色々な労働条件を我慢したり

労働が過酷な割に安い給料で我慢したり

そんなことをしなくていいのがフリーランスです。

 

自らのスキルを高めていくことができ

個人で仕事を受注して稼ぐことができる。

 

仕事を請け負うために自らができる仕事を

営業活動または告知して受注を行いますが

仕事がなく、収益がない場合は給料は0円。

この場合責任はすべて自分になるので

誰かのせいにしなくて済み

全て自分で責任を負うことができます。

 

成果を評価されるのはすべて自分。

笑っても泣いてもフリーランスとは

自分の努力と頑張り次第なんですよね。

 

フリーランスのWEBライターの利点

 

僕はフリーランスのWEBライターとして活動していましたが

最大の利点はコストがかからないことです。

 

WEBライターは仕事が受注できなかったり

サボって仕事をしなかったら0円の収益ですが

元手や仕入れがないために大きなマイナスにはならないんです。

 

もし今仕事をしていてフリーランスってどんなものだろう?と

情報を集めている人なら週末だけやってみても

インターネット回線とパソコンぐらいしかお金がかからないので

もし嫌になったり合わなくてもすぐやめることもできます。

 

店舗を新しく独立開業するのと違って

損失が出ないことが分かっているので

気持ちもかなり楽に仕事することができると思います。

 

WEBライターは自分の経験や知識を文字にして

文章を書くことで収益を得られます。

そして圧倒的にコストがかからない仕事です。

 

フリーターは経験を積む最高の場

 

僕にとってフリーターは経験を得るには

とっておきの働き方です。

アルバイトって本当に種類が多いんですよね。

 

  • 飲食店を将来開業したい
  • 塾などの教室を開きたい
  • 宅急便などの配送関係の仕組みを知りたい
  • バーの経営をしたい

 

もしこんな夢を持っている人がいたら

すぐその業界でアルバイトをするだけで

知識やスキルや経験が増え

将来の役に立つんですよね。

 

僕は販売や営業で契約を頂くという経験と知識が欲しくて

家電量販店のモバイルコーナーでアルバイトをしました。

この時の経験は今販売営業のフリーランスとして

仕事を請け負うことに繋がっています。

 

フリーターはかなり気軽に知らない業界を

知ることができると個人的に思っていて

外からでは見えない業界内部からも見えるので

リアルに業界のことを知ることができます。

 

また業種によっては地域のことを

詳しく知ることができたり

海外のことを詳しく知ることができたり

インターネット上にない情報にも

アクセスすることができます。

 

だからアルバイトをするフリーターでも

経験を得るにはとてもいい働き方だと思っています。

 

【結論】

フリーランスとフリーター2つの働き方。

どちらでも価値ある体験に変えられるかは

自分の心構え次第だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です