30代でもフリーランスになれる

30代からでもフリーランスになれるか不安。

20代だったら色んなことにチャレンジできたかもしれないけど

将来フリーランスで食べていけるかも不安。

 

こんな悩みを持ったあなたに

30代でフリーランスになることができるか?

フリーランスで将来食べていけるのか?

について解説していきます。

 

フリーランスを始めるのに30代は遅い!?

 

フリーランスを始めるのに年齢は関係ありません。

30代でも遅すぎるなんてことも一切ありません。

 

フリーランスとして独立するには

ある程度の仕事の経験があって

その経験を活かして独立する方法と

自分で学んだことを活かして

独立する方法と2種類ありますが

どちらも始める年齢は関係ありません。

 

例えばエンジニアやデザイナーのフリーランスの方は

仕事の経験値を積み独立して個人で仕事を受注しています。

 

そしてWEBライターとしてフリーランスをしている方は

文章の書き方を学んで仕事を始め

仕事をしながら更に学び収入を増やしています。

 

エンジニアやプログラマー、デザイナーの例だと仕事の経験を積んだ後になるので

ある程度の年齢に達しているということが言えると思います。

またWEBライターの例では年齢というよりも

色んな経験を持っていたり

色んな物の見方を持っていることが必要とされるので

年齢よりもやってきたことが重要になります。

 

つまりフリーランスは年齢でなれるかなれないかを決めるのではなく

経験値や勉強量、行動をどれだけしたかが

なれるかなれないかの判断基準とも言えます。

 

独立することはあなたの価値を高める

 

20代の社長や、20代の資産家がいても

何ら不思議ではない世の中になりましたが

30代だからといって独立することに対して

逃げ腰になる必要はありません。

大切なのは…

 

  • 学び
  • 経験値
  • 考える
  • 行動

 

独立して得られるものはこの4つです。

 

独立すればほとんど分からないことだらけだと思います。

だからこそ分からないことを調べて学ぶ。

 

仕事をしていくことで一つ一つが経験値になっていき

問題が発生したり上手くいかなかったことを

繰り返さないために考えることで思考力もつきます。

 

学んで経験値を積み、考えて行動することで

何が良くなるのかというと

 

「あなたの個人的な価値を高めてくれる」

 

つまり価値ある個人になっていくということです。

そして最短でこの4つを得られる方法が独立です。

 

独立すれば精神的な不安も生まれたり

収入がないに等しいときもあったりします。

だけどこういった問題を乗り越えていくことで

一回りも二回りも個人として価値を高めることができます。

 

だからこそ独立に対して逃げ腰になるのではなく

前向きに経験すればもし失敗したとしても

次会社員になったときには

あなたはの個人的な価値はかなり高くなっているはずです。

 

フリーランスで食べていけるのか?

 

フリーランスで食べていけますが

フリーランスだけでは食べていけない場合もあります。

 

この理由は簡単でフリーランスとは会社員とは

考え方も収入の発生も全く違うからです。

 

もし仮にあなたがかなり質の高い仕事ができる人物だったら

間違いなく受注が続き仕事があります。

しかし仮にあなたが質の低い仕事しかできない人物だったら

受注をもらうため必死で働きますが収入が低かったり

生活できないぐらいの収入の時もあると思います、

 

だからフリーランスとして食べていけるけど

フリーランスとして食べていけないかもしれないという結論に至ります。

 

【結論】

・30代でもフリーランスになれる

・独立することで個人の価値を高める

・フリーランスとして食べていけるかは自分次第

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です