【考察】今後のYouTuberは変わる!?リアルとの境界線が消える

・今後YouTuberを目指そうとしているけど不安な人

・これからYouTubeは伸びるのかどうか

 

来年にYouTubeに本格的に参入をする予定なんですが

この辺りについて個人的に気になったので調べつつ

考えたことをまとめていきます。

 

6年前のYouTubeはどうなっていたか

 

僕は6年前に何個か動画を投稿していた時期がありました。

今となってはチャンネルも消してしまい

跡形もない状態です。

 

この頃のYouTubeは一体どうなっていたのか?

個人で動画を投稿して

再生回数に応じた収益を得るということが

大きく知られるようになった時期だったと思います。

 

テレビ番組の録画をそのままYouTubeにアップロードしたり

アーティストの曲やPVをそのままYouTubeにアップロードしたり

今となってはガイドラインに触れるものばかりですが

この頃はこれでも大きな収益を得られた時代でした。

 

これに乗じて”YouTubeで稼ぐ方法”が

出てきて美味しい思いをした人も多かったんだと思います。

 

この頃の僕自身はまだ人見知りがあり

動画で喋るなんてことも恥ずかしくて

何個か動画をアップロードしてすぐに削除してしまいました。

 

しかしそれでも1ヶ月ぐらいでなんでもない

ただ喋ってる動画で3000回数ぐらい再生があって

数千円の収益があった記憶があります。

 

今よりもかなり”YouTubeはゆるかった”というのが

6年前の印象です。

 

YouTubeの現状はどうなっているのか

 

現在のYouTubeは再生総時間が4,000時間未満

チャンネル登録者数が1,000人未満の場合

収益化ができないようになっています。

 

収益化に関してはかなり厳しくなってきています。

とはいえ本来、収益が発生するものなので

ある程度の資格というか人気は必然なのかもしれません。

 

大きな変化と言えば

個人が主体で動画撮影や

アップロードなどをしていた時代から

企業が参入してきてマネジメントを行うようになってきました。

 

  • 企画
  • 構成
  • 撮影
  • 編集
  • マーケティング

 

参入者も増えたこともあり

競争が始まったのでただ動画をアップロードするだけでは

チャンネル自体の存続が難しくなっているのかもしれません。

 

企画・構成は動画の再生回数がどうなるかを決めるキーなので

専門知識を持った人の方が圧倒的に有利だと思います。

これを個人でするとなると独自性が求められます。

 

他にはない、誰もやったことのない

個性があってかつ面白い動画。

 

他の動画のリサーチなどをして

いい方法はどんどん取り入れていくなど

個人では時間的に難しい場合も多いように思います。

 

これからのYouTubeはどうなっていくのか

 

これからのYouTubeについて

多くのYouTuberが語っていますが

僕が思うこれからのYouTubeは

 

「現実世界との境界線がなくなる」

 

どういうことかと言うと

現実で経営をしている経営者や

仕事がバリバリできる人間が参入をしてくるということです。

 

”インターネットの世界で”

”YouTubeの中では”実力があるといったことから

本当に実力がある人間が多く参入をしてくることです。

 

YouTubeのビジネスモデルから考えると

ある程度のチャンネル登録者数と

ある程度の再生時間があれば

生活できるぐらいの収益を稼ぐことは難しくないのかなと思います。

 

個人的に営業や販売の仕事をしていますが

訪問販売やイベントで販売をすることと比較したとき

YouTubeの方が圧倒的に効率がいいと思います。

 

一人のお客さんと何十分も話をして

興味づけや切り返しをしてクロージングで販売をするよりも

圧倒的に収益の効率がいいと思います。

 

人気を獲得したり再生回数や再生時間を伸ばすといった

YouTubeでのやり方もありますが

1日12時間働いて結果が出ないことも営業では普通に起こります。

 

でも1日12時間YouTubeに専念していれば

大きくあたりはしなくても

ある程度結果がついてくるかなと思っています。

 

こういったことを理解して

”顔出し”というYouTubeのネックや

視聴者の年齢層が徐々に変わっていたときに

一気に参入をしてくるんじゃないかと思います。

 

仕事の話をするYouTuberは面白い動画投稿者よりも

現状人気が出にくく、あまり需要がないと思います。

 

その理由として視聴者層が若過ぎたり

社会人のYouTubeに対する認識だったり

技術的な問題(パケット制限)だったりするのかと思います。

 

これらの状況が変わったときに

YouTube自体の社会的な認識も変わってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です