YouTuberになるにはまずカメラと照明を準備しよう

「YouTuberになりたい」

「YouTuberとして参入したい」

 

こういう思いを持った人が多くなっていますが

YouTuberになることは誰でもできます。

 

Googleのアカウントを作ることで

YouTubeへの動画投稿が可能になります。

これで晴れてYouTuberの仲間入りです。

 

  • YouTuberになるための準備は何か?
  • 必要な機材はカメラだけなのか?

 

こういった悩みを持っている方に解説していきます。

 

YouTuberの仕事は動画を撮ること。だからカメラが絶対に必要。

 

YouTubeの動画投稿において絶対に必要なものがあります。

それは動画を撮影するカメラです。

 

  • デジタルカメラ
  • 一眼レフカメラ
  • ビデオカメラ
  • スマホ

 

今や動画をスマホで撮ることは

当たり前になってきてほとんどの人がスマホで動画を撮っていると思います。

 

しかしYouTubeに投稿する動画の撮影となると

カメラならなんでもいいというわけではないようです。

 

トップYouTuberの動画の画質を見ると分かりますが

まるでテレビを見ているぐらいとても綺麗です。

 

ポートレートという人物に焦点を合わせて背後をぼかし

人物を際立たせる動画が撮れるのは

一眼レフカメラが最も適しています。

 

とはいっても価格が高くYouTuberとして

始める人にとっては初期投資が高くなってしまいます。

 

カメラはどういうチャンネルにするのか?で選ぶ

一眼レフカメラのように画質がよくて

ポートレートも撮れるカメラでなくても

チャンネルのコンセプトに合わせたカメラを使えば大丈夫です。

 

色々な撮影シーンに使える汎用性が高いカメラ

デジタルカメラは簡単に持ち運びができ

動画の有効画素数はスマホの倍ほどあります。

 

まあまスマホよりかは綺麗だけど

一眼レフには敵わない。

だけどある程度の画質の動画が撮れます。

さらにコストもそれほど高くはなく

約¥10,000~¥約20,000ほどのもので

十分な動画を撮影することができます。

 

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A100 光学5倍 2005万画素 シルバー A100SL

新品価格
¥9,195から
(2019/9/11 21:32時点)

 

スマホで撮影

室内で撮影することが多い場合

一眼レフカメラのようなカメラじゃなく

手元にあるスマホでも十分活用できます。

 

最近のスマホは4Kの動画撮影に対応しているものが多く

とても綺麗な動画を撮影することができます。

 

そして今年2019年に発表されたiPhone11Proは

動画撮影がより綺麗に簡単になっているので

スマホだけでも動画撮影は十分です。

iPhone11 Pro

カメラだけじゃない!動画の質を決める照明

カメラ以外にも動画を綺麗に見せるために

あった方がいい機材があります。

 

それは照明です。

普段照明を当てながら動画を撮るってことはほとんどないと思います。

 

しかし照明があるだけで表情や肌の綺麗さが変わってきます。

自撮りの写真を撮るときにアプリで照明を当てたような効果を使うと

綺麗に撮影できるのと同じで

照明があると綺麗な動画を撮影することができます。

 

  • 蛍光灯
  • LED照明
  • 太陽光

 

照明にも色々な種類があります。

蛍光灯

蛍光灯は机に置くスタンド式のものなど

身近にあるものを使用します。

 

元々家にある人にとっては最もコストがかからない照明です。

LED照明

LED照明は明るく光の色を変えることもできるので

撮影する動画に合わせて照明を変えることも簡単にできます。

またスマホで撮影したいと思っている人には

スマホホルダーもついています。

 

LED リングライトRcligent LED 10″三脚スタンド&電話ホルダー付き 自撮り ライト(メイクアップ/ YouTube /ビデオ撮影/ 自撮り /写真用)(10inch)

新品価格
¥2,999から
(2019/9/11 21:15時点)

“"

 

太陽光

太陽光は無料の照明です。

撮影の際に光が入る窓の近くで撮影することで

十分な照明として使用することができます。

 

しかし天気や時間帯によって光量が変わるので

時間との勝負があります。

 

いくら簡単に動画が撮れる時代になったからといっても

やはり動画配信にはそれなりの質が求められます。

画質が荒い、色合いが暗い動画は

見る気を無くしてしまいます。

 

最低限のカメラと照明を揃えたら

次は動画を撮り始めるのみです。

YouTuberになるにはまずカメラと照明を準備しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です