新しいことに挑戦したいなら、今を活かせる成長曲線を描けるようにする

・新しいことに挑戦したいけど何をすればいいか分からない

 

こんな悩みを持った方に解説していきたいと思います。

 

新しいことに挑戦する時、今を活かせるものにする

 

「新しいことに挑戦したい!」

 

そう思ったとき何をすればいいか

その答えは全く違う領域のものよりも

今やっていることを含んだものにすることです。

 

例えば接客業をしていたら

いきなり工場勤務をすると

人にサービスを提供する接客業と全く別の領域になります。

 

そして領域の違う仕事の場合

0からのスタートとなるために

今の考え方や知識などを生かしながら

挑戦することが難しくなります。

 

難しくなるとストレスもかかり

嫌になってしまう可能性があるので

挫折する確率が高くなります。

 

挑戦を挫折で終わらせないためにも

新しく挑戦を始めるときには

今やっていることを活かせることをすれば

挫折をする確率がグンと減ります。

 

今接客業をしているのなら

人と話す仕事やサービスを提供するものを選ぶといいです。

 

常に少し領域が被っているものを選んで挑戦していくと

それぞれの経験を生かしながら成長していくことができます。

 

新しいことに挑戦し続けることで得られるもの

 

新しいことに挑戦し続けると

成功や失敗の他にたくさん得ることがあります。

 

何かに挑戦するということは

既に成功か失敗という学びを得ています。

 

そして成功も失敗も結果に対してのことなので

その過程で必要なものをたくさん得ることができます。

 

  • 洞察力
  • 努力
  • 考える力
  • 説明する力
  • 自分の感情のコントロール
  • 魅力
  • 経験
  • 新しい知識

 

これら沢山の得られるものは全て自分の力となります。

成功か失敗かよりもとても価値のあるものです。

 

なぜなら挑戦という行動が

色々なスキルを身につけ自分の力が増えていくからです。

 

大抵の人が挑戦をし続けなくても

挑戦をし続ける意味があります。

 

その意味とは挑戦しなければ得るものがなくなり

会社であれば倒産という危機にまで追い込まれてしまいます。

 

挑戦し続けるからこそ成長と魅力が増していき

挑戦をやめたときには停滞か下降していきます。

 

挑戦をすることで得られるものは多くあっても

挑戦をしないことで得られるものはほとんどありません。

 

新しいことに挑戦するときは

今やっていることを活かせる仕事にして

緩やかな右肩上がりの成長曲線を描いていくイメージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です