【自論】次のイノベーションはなぜ?エネルギーと教育なのか。

先日こんなツイートをしました。

 

 

 

ツイートに対して反応が2割ほどあったので

このことについて詳しく解説していきたいと思います。

 

個人的な意見が多い内容なので興味のない方はスルーしてください。

 

インターネットによって起こったイノベーション

 

インターネットの登場で多くのイノベーションが生まれました。

 

  • ブロードバンド
  • iPhone(スマホ)
  • SNS
  • Google
  • IoT
  • インターネットビジネス(20代でも数百万円稼ぐ 等)

 

インターネットでみんなが繋がることによって

出会うことのなかった人にも出会うことができるし

今まで一部の人やマスコミしか情報を発信できなかったのに対し

個人がインターネットを通じて意見を発信できるようになりました。

 

インフルエンサーという多くの人にフォロー(支持・応援)されている

個人の発信が大きな影響力を持ったり

現実の社会ではあまり馴染めない人も

個性を発揮できる機会を得ることができました。

 

そしてインターネットと通じて

気軽にいつでもどこでも色々なサービスを利用できるように

iPhone(スマホ)が誕生し

今や誰もがインターネットに触れて生活するようになりました。

 

そして昔以上に人と人の関わりが

多くなっているのが今です。

 

エネルギーと教育のイノベーション

 

インターネットというインフラがあり

そのインフラを利用することで生活が変わりましたが

次にまだイノベーションが起こっていないジャンルがあります。

それはエネルギーと教育です。

 

エネルギーのイノベーション

 

エネルギーに関しては今日本で脱原発や

エコエネルギーの促進などが議論されていますが

あまり現実的ではないのが現状だと思っています。

 

そもそも原発は火力発電の

”燃料を燃やして熱を発生させる工程”を

核分裂によって熱を発生させることにすり替えたもので

発電の仕組みとしてはタービンという発電用のモーターを回し

電気を生み出しています。

つまりイノベーションとは呼べない形で収まっています。

 

エコエネルギーは風力、振動、太陽光、潮流など

自然界にあるものから電気を生み出すことですが

発電量などから考えると既存の発電に取って代わることは

まだまだ非現実的だと思っています。

 

エネルギーに関しては様々な研究がされていますが

エネルギーのイノベーションはどこにいても電力を使える。

または電線がなくても電気の輸送が可能で

ライフラインの寸断が起こらないものだと思います。

 

例えば宇宙に衛星を打ち上げて太陽光発電をして

地球に電波で電気を送る方法。

 

もう一つがフリーエネルギーと呼ばれる発電方法。

個人的にはこのフリーエネルギーに参加したい。

 

フリーエネルギーがあれば

どこにいっても発電が可能なので

インフラのないような国や地域であっても

すぐにインフラを整備することが可能。

 

そしてインターネットのイノベーションにも必要な

サーバーを動かすのも電気というエネルギーなので

電気があるということは一気に

イノベーションが起こせるということ。

 

教育のイノベーション

 

教育のイノベーションは

簡単に言うと「どこにいても学ぶことができる」

それは都市や田舎っていう場所の違いや

あるいは国を越えて学ぶことができること。

 

学校というのは学力の底上げに関しては

とても効率のいい方法だとは思う。

 

日本で読み書きや基本的な計算ができない人はほとんどいない。

これは義務教育の賜物だと思う。

 

義務教育が効率が良く効果があっても

学びについてのイノベーションはまだ起こっていない。

 

僕は中学校までの勉強しかしていないけど

社会人になってから勉強したことの方が多いし

仕事や人間関係においても役に立つことが多かった。

 

このことから教育に関する情報発信や

動画を使用したオンライン講座など

学びたいことを学べる環境があればいいなと思った。

 

例えば日本にいながらアメリカで

オンラインで日本語学校をやるとか

他のアジアの国で日本で体系化されている

ビジネスについてのオンライン講座を展開するとか。

 

物販は店舗からネットショッピングへとイノベーションを遂げて

人との交流は交流会などからSNSへと

調べたいことは辞書や辞典からGoogle検索へ。

 

インターネットでできることの多くがイノベーションを起こしたのに

教育がまだついてきていないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です