【脱却】フリーランスは個人事業主。働かないと収益はない。

僕がWEBライターを辞めて

今まさに販売営業のフリーランスも辞めようとしている理由。

それは…

 

フリーランスは働かないと収益がない

 

・会社の上司との関係が嫌

・好きな時間に好きな分だけ仕事をするスタイルがいい

・自分一人の力でどこまでやれるか確かめたい

 

僕がフリーランスになった理由はザッとこんなものです。

そして今そのフリーランスという働き方に

自分でも大きな疑問を抱いています。

 

フリーランスはなんかカッコいいと思ってた

 

24歳から会社員として様々な仕事を経験しました。

そこで得た物は確かに自分のスキルとなり

そしてたくさんの利益や恩恵を与えてくれました。

 

しかし会社の方針に納得できなかったり

会社の対応に不満があったりして

自分で稼げるようになろうと思い

フリーランスとして開業しました。

 

どこにも雇われず自分の意思決定で仕事ができ

「なんかカッコいい」と思っていました。

 

自分で仕事をして収益を得る。

だけど会社員と変わらないんじゃないか?と思うように。

その理由はクライアントとの関係。

そして仕事を発注してくれる代理店との関係。

 

「こうした方がいいのに」と思っても

クライアントの要望でなければ採用されることがなく

指示通りに動き仕事をする。

仕事をするスキルは上がっていく。

でもそれは会社員も同じだと思った。

 

フリーランスとして個人事業主になったものの

結局はクライアントの顔色を伺うことになる。

 

ここに面白さを感じなくなり

充実感も感じなくなってしまった。

 

カッコいいと思っていたフリーランスは

僕にとって合わない職業だということが分かった。

 

フリーランスから脱却してどうするのか

 

フリーランスから脱却しても何をするのか?

働くのが嫌だと最近は常々口癖になってきていますが

それは「やらなければいけないこと」が嫌ということ。

 

フリーランスだったらクライアントの発注や

代理店からの発注に応じて決まった日数や時間を

そこでスケジューリングしなければいけない。

 

つまりスケジューリングした時点で

「やらなければいけないこと」になる。

 

「やらなければいけないこと」よりも

価値があること面白いこと

楽しいことワクワクすること

自分の直感で感じるものを大切にしたいと思うようになった。

 

だけど現実的に壁となるのは

収益や稼ぐという問題。

 

こうはいっても日本はベーシックインカムをやっているわけではないし

最低限の生活費を稼がなくてはいけない。

 

でもただ生活費を稼ぐためだけの労働はしたくない。

 

「なんてわがままなことを言ってんねん!?」

と思われるけど積み重なり資産となるものに力を注ぎたい。

 

もう既にある程度稼いでいる人が

次なるステップとして僕と同じようなことを言えば

賛同する人がたくさんいるかもしれない。

 

だけど自分に嘘をついて

「現実は」とか「大人は」とか

そういったことに縛られること自体が

なんか違うと思った。

 

だからフリーランスを脱却して

資産構築と楽しいことをマネタイズすることに

時間を使っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です