【続編】YouTubeでアクセスを集めるために必要なこと②

前回の記事の続編ということでYouTubeでアクセスを集めるために必要なことについて、YouTubeアカデミーで学んだことを解説していきます。

 

前回の記事はこちら

 

YouTubeの仕組みの理解と効果的な手法

 

・ホーム画面

・急上昇

・通知

 

一つ一つ解説していきます。

ホーム画面

YouTubeアプリやWEBで視聴者が目にする画面は「ホーム画面」です。

このホーム画面には

 

・新着動画

・おすすめ動画

・登録チャンネルの動画

 

など視聴者の興味に合わせ動画が表示されています。

表示される動画は

 

・視聴継続率

・検索履歴

 

これら2つの要素によって表示される動画が決まっています。

 

沢山自分のチャンネルの動画を視聴者のホーム画面に表示して見て欲しい場合

 

・視聴者が長く見ていてくれる動画

・検索にヒットしやすいタイトルキーワードを使った動画

 

動画を作るときにこの2つに気をつけなければいけない。

とは言っても具体的な方法が分からないですよね。

 

テクニック的な話になるかもしれないんですが、この2つを解決する方法として考えられることがあります。

 

・動画の長さを短くする(2~3分ほど)

・動画コンテンツの内容を分ける

・複合キーワードを使って動画を作成

 

動画の長さを短くする

いくらいいコンテンツであったとしても、視聴者にはYouTubeを見ていられる時間が限られています。

 

つまり長い動画は途中で見ることを辞める可能性が高い。

逆に2~3分ほどで要点をまとめた動画だと見てくれる可能性が高いということです。

 

コンテンツの質に力を入れるのは前提としてあったとしても、視聴者が見られる時間を考えることも大切だと思います。

 

動画コンテンツの内容を分ける

まさにテレビのドラマと同じ考えですが、定期的に視聴してくれるようにすることです。

 

YouTubeの動画のジャンルによって多少違いはあると思いますが、一つの動画企画を分けるという方法です。

 

こうすることによって1本の動画あたりの時間を短くすることができます。

更に視聴者が面白かった場合、次の動画も見てくれる可能性が高いです。

 

もし1本目の動画が見られなかったら、そのシリーズはボツにして視聴者維持率を下げる前に違う企画を考えることができます。

 

複合キーワードを使って動画を作成

検索履歴には興味のあることが多い。

だからこそ複合キーワードを使って、動画を作ることでまた検索にヒットする可能性が高い。

 

”10万円稼ぐ”というキーワードで

検索されるのであれば

 

・10万円稼ぐ ブログ

・10万円稼ぐ アフィリエイト

・10万円稼ぐ Twitter

・10万円稼ぐ note

・10万円稼ぐ YouTube

 

このように検索されるキーワードの複合キーワードをタイトルに入れた、内容も伴った動画を作ることでホーム画面にも表示される可能性が高くなると思われます。

 

急上昇

 

「急上昇」に表示されることで、知らない・興味がなかった視聴者にも動画を見てもらえる可能性があります。

 

この急上昇に表示されるための具体的な根拠は説明されていませんが

 

有望な新人も毎週選ばれ、まる1日フィーチャーされる

 

という記載があります。

つまり登録者数が何万人もいる、再生回数が何万回もある必要は条件ではないということです。

 

急上昇に表示されるために考慮される点

 

・動画のアップロード数

・視聴回数

・登録者数の増加

 

この3点を考慮して

 

・チャンネルの成長

・勢いを維持

 

も追加で考慮されるそうです。

つまり

 

・動画のアップロード数が必要(具体的な数は不明)

・視聴回数も必要(多分アップロードからの経過時間においての再生回数)

・直近の登録者増加が必要(増えた率なのか増えた数なのかは不明)

 

更に急上昇でここがポイントになりそうと思ったところが

 

幅広い層にアピールする動画を制作する

 

ニッチな動画じゃなく大衆受けする動画と捉えることができます。

この点はトレンドの動画も含まれるんじゃないかと思います。

 

難しく考えずトレンドのキーワードと内容で、動画を作ることで他の要素が満たされば急上昇に表示される可能性もあるのかなと思います。

 

通知

 

チャンネル登録をしてくれた視聴者に、新しい動画をアップした際にYouTubeが通知を送ってくれます。

 

しかしこの通知には3つのパターンがあるみたいです。

 

・通知なし

・不定期通知(デフォルト)

・更新ごとに通知

 

つまりチャンネル登録ボタンを押した視聴者には、更新ごとに通知がいく設定になっていないということです。

 

僕も知らなかったんですが、この通知に関して動画の最後に簡単に紹介することを推奨しています。

 

通知が確実に届くのであれば、チャンネル登録してくれた視聴者が毎回見てくれる可能性も高まります。

 

YouTubeの順位から落とされないために

 

・適切なメタデータを追加すること

・YouTubeの検索システムを欺こうとしないことが重要

 

この2つがしっかりと記載されていました。

 

小手先のテクニックで動画の再生数を増やしたり表示順位をあげようとしないようにというYouTubeからのお言葉です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です