【キーポイント】Youtube動画のサムネイルの重要性とは

たくさんある動画の中からクリックをして視聴してもらえるかどうかは…

 

”サムネイル”にかかっている

 

自分の作った動画がただ流れるタイムラインのように、見過ごされることがないようにするためにやるべきことを解説していきます。

 

YouTube検索に関する記事はこちら

 

サムネイルは動画を見てもらえるかどうかのキーポイント

 

動画を見つけてもらう方法は

 

・YouTube検索

・おすすめ動画

・急上昇

・関連動画

 

など色々な場面がありますが、一番の問題は表示されるたくさんの動画の中から自分が作った動画をクリックしてもらえるかどうかです。

 

動画を見つけてもらうためのキーポイントとなるのはサムネイルです。

 

次に見つけてもらいやすいサムネイルのキーポイントについて解説していきます。

 

・鮮明な画像を使う

・サムネイルへ入れる文字の大きさデバイスで確認する

・動画の内容との関連性があるもの

・サムネイルの画像の作り方は”三分割法”

 

鮮明な画像を使う

画質が荒すぎたりモザイクばかりで何か分からない。

もしそんな画像がサムネイルに使われていたら、視聴者はクリックせずに見た目が分かりやすい動画をクリックします。

 

サムネイルには鮮明な画像を使い、画像の大きさは1280×720ピクセルが推奨されています。

 

サムネイルへ入れる文字の大きさはデバイスで確認する

 

・パソコン

・スマホ

・タブレット

・テレビ

 

YouTubeはこれらのデバイスで視聴されています。

しかし画像の見やすさはそれぞれのデバイスの画面の大きさに左右されます。

 

最も多く視聴されているデバイスはスマホ

 

スマホのYouTubeのアプリやWEBサイトに表示されるサムネイルはかなり小さなものです。

 

このサムネイルに文字を入れるとき、スマホの画面でパッと文字が読めるサイズでないと内容が分からずクリックされにくくなります。

 

だからこそ文字を入れて内容を伝えるときには、スマホで見て一目で内容が分かるように「はっきり・くっきり」とした文字を入れないといけません。

 

動画の内容と関連性のあるもの

 

結論としてはサムネイルはタイトルと同様で、動画の内容に合ったものにしなければなりません。

 

サムネイルやタイトルを見て期待感を持って、動画を見た視聴者は内容も期待通りだと最後まで視聴してくれる。

 

最後まで視聴してくれているということは

コンテンツを楽しんでいるとYouTubeが判断し

・検索順位

・おすすめ動画に表示されやすくなる

・急上昇に表示されやすくなる

 

といった効果が期待できます。

 

逆にサムネイルやタイトルで動画をクリックしても、内容が違った場合視聴が再生を辞めてしまいます。

 

最後まで動画を見ないことで視聴者維持率が下がることが大きなデメリットだと伝えています。

また視聴者の期待を裏切ることにもなります。

 

・おすすめ動画に表示されなくなる

・急上昇に表示されなくなる

・潜在的なファンを失う

 

YouTubeアカデミーを学んでいて何度も出てくる言葉は

 

騙したり、テクニックで再生数を稼ごうとするな

 

なのでコンテンツの質を上げることが一番効果的な方法です。

 

サムネイルの画像の作り方は”三分割法”

 

写真の構図で三分割法というものがあったんですが、いまいち自分の言葉で説明ができないんです。

 

三分割法で撮った場合の写真と普通に撮った場合の写真等見比べて分かりやすく説明しているこちらのサイトをご覧ください。

(引用)写真を始めたらまず覚えたい基本のカンタン4構図

 

見た目をよくするために画像の素材の配置を決める王道のやり方です。

 

そしてサムネイルで効果が上がっている動画の画像は三分割法が使われています。

 

だいたいの登録者数が多いYouTuberの動画のサムネイルは今回解説した要素が組み込まれています。

 

YouTube検索に表示されたとしても、クリックされて視聴してもらわないとYouTubeチャンネルは育ちません。

サムネイルはクリックしてもらうためにとても重要な要素

 

サムネイル以外に重要な要素

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です