YouTube検索と視聴者へ情報を伝えられる説明欄

YouTubeで検索される動画になるために押さえておいた方がいいこと。

 

説明欄

 

説明欄の内容を充実させることで

 

・アルゴリズムが動画を視聴者に表示させるために使用

・興味を持ってくれた視聴者に情報を伝えられる

 

動画に付随する情報を視聴者に見てもらうための説明欄について解説していきます。

 

YouTube検索に関する記事はこちら

 

アルゴリズムが動画を視聴者に表示させるために使用

 

アルゴリズム

 

説明欄に書かれた内容やキーワードは、アルゴリズムが動画の内容を判別し視聴者に表示するかどうか判断する要素として使用します。

 

説明欄に何も記載せずに空欄であれば、タイトルのキーワードだけで判別をすることになります。

 

完結な説明文が説明欄にも記載されていて、動画の内容が分かるキーワードが入っている方がアルゴリズムが判断する要素が増えます。

 

視聴者が動画を理解しやすい

 

説明欄に動画の概要が書かれていると、視聴者は動画をクリックして再生することなく内容を把握できます。

 

YouTube検索やおすすめで表示される動画の下には2行まで説明欄の内容が表示されます。

 

タイトルについて補足の情報を説明欄に記載することで、より動画の内容が分かりやすくなり視聴者が興味を持ってくれる可能性が高まります。

 

*2019年10月23日現在

スマホ・タブレットでは検索結果・再生ページでも

説明欄の内容表示はありません。

”もっとみる”を押せば再生ページで説明欄は見られます。

 

興味を持ってくれた視聴者に情報を伝えられる

 

説明欄の中には様々な情報と追加することができます。

 

・オススメの動画紹介

・他のSNSのリンク

・チャンネル登録

・コラボした相手の情報

・使用した機材や場所の情報

 

これらの情報は動画の下に隠れているので、興味を持ってくれた方に向けた情報です。

 

この説明欄に何も記載をしていないと動画が面白くて興味を持ってくれても、次につながる行動を起こしてもらえないかもしれません。

 

・ブログも見る

・Twitterもフォローする

・チャンネル登録をする

 

だからこそ動画だけでなく付随する情報を説明欄を使って伝えることで、ファンになってくれる可能性が高まります。

 

他のSNSやチャンネル概要など、変更がほとんどない情報については「アップロード動画のデフォルト設定」で設定をしておけば毎回説明欄に記載する必要がなくなります。

 

説明欄と他に重要な要素

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です