急に仕事が上手くできなくなったときの対処法

・何年も同じ仕事をしていて上手くできなくなった

・今まで違う仕事をすると上手くできなくなった

 

僕自身もこんな悩みを抱えたことがあります。

今回はこんな悩みについて解説していこうと思います。

 

同じ仕事をやっているのにできなくなる原因と対処法

 

何年も同じ仕事をしているのに

月日が経つに連れて始めたときよりも

上手くできなくなることがあります。

 

原因

 

・先入観

 

新しい仕事を始めるとき

真っ新な気持ちで仕事を見ています。

 

仕事一つ一つが始めての経験で

楽しかったり辛かったりすることがあっても

全てが経験だと思える時期です。

 

 

 

個人差があると思いますが

一定の時期を超えると

楽しいことや辛いことの経験が

ある種の先入観に変わることがあります。

 

「〇〇は上手くいく」

「〇〇は上手くいかない」

 

今までの経験則に基づくものであって

本人の中では「正解」な答えかもしれませんが

この先入観が仕事の成果を下げる原因になります。

 

理由は「正解が一つじゃないことを忘れてしまっている」

 

つまり上手くいくかもしれないという可能性よりも

今までがダメだったからダメ。という

一つの正解がないもに対して一つの正解を

自分で作ってしまっているからです。

 

ところが仕事ができる人が現れると

自分が「上手くいかない」と思っていたことを

「上手くやってしまう」現場を見ることがあります。

 

こうなったとき真面目な人ほど

「自分は間違っていたのかもしれない」と考え込んでしまいます。

 

そうなると今までの経験から出した答えも

疑うようになり逃げ腰になり

仕事の成果が出なくなってしまいます。

 

対処方法

 

先入観に対する対処方法は

同じ場所で新しい経験をすることです。

 

一度ついてしまった先入観は

消そうと思っても消えるものではありません。

ましてや真っ新に戻すことも難しい。

 

だからこそ新しい経験をして

先入観を上塗りして

新しい見方を作っていきます。

 

違う仕事をすると上手くできなくなる原因と対処法

 

同じ会社であっても違う部署へ移動して輝く人と

違う部署へ移動して仕事ができなくなってしまう人といます。

 

 

 

原因

 

変化に対してどう反応したか

 

部署が変わるということは環境の変化です。

働く人も変わるし仕事の内容も変わる。

 

その変化に対して

 

・新しいことを学ぶチャンスだ

・新しい発見のために前の部署のことを一度忘れて今の部署に合わせてみよう

 

というポジティブな反応をしたか

 

・一から仕事を覚えるのは面倒だな

・前の部署のやり方を今の部署でも変えない

 

という頑固でネガティブな反応をしたかです。

 

 

 

僕が勤めていたことのある飲食店では

 

・担当の店舗移動でいきなり成果の下がる社員

・担当の店舗移動後辞めていく社員

 

こういった人達も見てきました。

そして原因のほとんどは反応がネガティブだったことです。

 

対処方法

 

変化に対しての対処方法は

前のことを忘れることです。

 

・前の店舗で仲がよかった仲間たち

・居心地の良かった職場環境

・成果が出ていたこと

 

極端かもしれませんが

前のことは変化が起こったら

また一からと同じです。

 

 

 

ゲームで例えるなら1stステージが前。

変化後は2ndステージです。

 

1stステージは簡単にクリアできたとしても

そのままのやり方で何度挑んでも

2ndステージはクリアできません。

 

2ndステージには2ndステージのやり方があります。

環境が変わればその環境に応じたやり方に変えないといけないです。

 

仕事ができなくなる主な原因に対処する

 

これまで説明したことが

仕事ができなくなる主な原因の2つです。

 

そしてこの2つの原因に対処する方法を知っていれば

仕事ができなくなったときに「自分はもうダメだ」と

悩む必要はありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です