会社員と比較してフリーランスの仕事量と収入は違うのか!?もちろん違います。

フリーランスになったら自由に仕事をする時間が決められるし、会社員と比べて仕事量が減るんじゃないか?と思ってる方に読んで欲しい記事です。

前置きすると、この記事は会社員がダメだとかフリーランスの方がいいとかそういった内容の記事ではなくそれぞれのメリット・デメリットを比較している記事です。

フリーランスになったら仕事量が減る?それは違います

「残業、残業の会社員の生活が嫌だ!フリーランスになって残業のない仕事をするんだ!」

この願いは叶うのか?

それは違います。

フリーランスになった瞬間から仕事量が減るとか、仕事をする時間が減るとかありません。

【経験談】会社員とフリーランス、仕事量の比較

こう断言できる理由は、僕自身が会社員を辞めてフリーランスになった経験からです。

そもそも仕事の量を減らしたい、仕事をなるべくしたくないという思いからフリーランスになってもその思いは叶いません。

仕事量をできる限り減らし、なるべく仕事をしたくないという思いを叶えたい人は「情報発信」や「情報商材」の販売を目指すべきです。

フリーランスとは自分の好きを生かし、個人が提供できる価値でお金を稼ぐ仕事です。

会社員の時は自分の部署の仕事だけだったとしても、フリーランスになったらやることは確実に増えます。

  • 収入と経費の計算などの経理業務
  • 仕事を受注するための営業業務
  • 最悪クレーム処理
  • クライアントとの打ち合わせや付き合い
  • 仕事の方針を決める
  • 売り上げが少ない、ない場合は借金や融資等の手続き
  • 契約書や請求書、見積書作成などの事務作業

なぜ?フリーランスの方が仕事量が多いのか

会社はそれぞれの業務を部署や担当ごとに仕事を振り分けているので、一人の個人が全ての仕事をするわけではありません。

しかしフリーランスは一人の個人が会社でやっている様々な業務をしなければならないので、必然的に仕事量は増えます。

会社員じゃなくてフリーランスを目指す理由

では現役のフリーランスはなぜ会社員ではなく、フリーランスを目指すのか?

目的や動機は様々かもしれませんが、僕がフリーランスになった理由を解説します。

 

 

自由裁量や自己決断のため

会社員時代もっとも僕が納得できなかったことは方針です。

「やりたいことができない」

「今はこっちの方が重要なのに上司に止められる」

自分が信じていることをできなかったので、自分で決めることができるフリーランスを選びました。

また仕事量もある程度自分でコントロールできるので、集中して仕事する期間にしたりのんびり子供と過ごす時間を作ったりできたからです。

やりたい仕事に集中できる

フリーランスの最大の利点と思っていることが、「やりたい仕事」を選べることです。

やっている仕事に飽きたら興味がある仕事をすることができるし、もっと突き詰めたいと思う仕事をすることもできます。

WEBライターをしていたのに、営業マンをやってみたいと思ったらすぐに営業マンに転向できることです。

それぐらいフットワークを軽く、好きに仕事を移動できるからです。

自分の努力次第で収入が上がる

会社員のように業績や売上で収益が決まるのではなく、稼ぐか稼がないかだけです。

正直業績で評価する仕組みの場合、仕事をあまりしていない人でも所属の部署や店舗などの数値が良ければ評価が上がったりもします。

どれだけ努力して改善しても、元々の部署や店舗の数値が悪ければ評価はされない。

その謎の評価基準が嫌でした。

しかしフリーランスは「頑張った分」「仕事した分」それは収入に直結します。

会社員とフリーランスの仕事量以外の違いはこれ

会社員とフリーランスとの違いは仕事量や収入だけではありません。

仕事とプライベートの分け方、会社員とフリーランスの信用も違います。

プライベートと仕事を明確に分けたいなら「会社員」

プライベートも仕事も明確に分けてメリハリのいい生活を送りたいと思っている人は会社員がいいです。

その理由は会社員は基本、就業時間と日数が決められていますし社会的な流れも仕事とプライベートは分ける流れです。

休みの日に上司から仕事のLINEが来たら嫌がられる時代です。

今後もっと明確に仕事とプライベートが別れていくと思われます。

しかしフリーランスは個人ですので、きっちりと分けることは難しいのが現実です。

クライアントからメールや電話で問い合わせがあれば、返信・回答しなければいけない。

「休日なので」という理由で返信しなくてもいいかもしれないけど、現実はその後仕事の受注を受けるのが難しくなると思います。

クライアントとしてはすぐ返信してくれる人を信頼するのは当然のことだからです。

会社の社員という認識から個人名がブランドになる

会社員として働いていると、取引先も丁寧な対応をしてくれたり話を聞いてくれたりします。

それは「○○会社の社員」だからです。

個人の場合は実績が知れ渡っていたり、有名でない限り「誰?」というレベルです。

つまり相手にされなくて当たり前です。

会社員は会社の信頼と信用をバックにつけることができますが、フリーランスは信頼と信用が個人のブランドであるため、最初の接点から会社員よりも信頼がありません。

個人というブランドを作るために、情報発信をしたり実績を明確に所有するブログやサイトに表示する必要があります。

それぞれにメリットとデメリットがある

会社員とフリーランスの仕事量に関しては、フリーランスの方が仕事量は増える。

だけど会社員はプライベートと仕事が分けやすくメリハリのいい生活が出来やすい。

また自分自身にあまりスキルがない場合、会社員は会社の影響力や信頼・信用を使えるがフリーランスは個人がブランドのため相手にされない。

会社員がいいとか、フリーランスがいいとかではなくどちらにもメリットとデメリットがあるので自分にあった選択をすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です