面接でリーダーシップの経験について質問をされたとき答える方法

就職やバイトの面接で「リーダーシップについて」聞かれたとき答えるために、リーダーシップについて理解し面接官にいい印象を与えられるようにこの記事を書いています。

面接をしていた立場から「リーダーシップ」について尋ねる理由。

そしてどう答えると伝わりやすいのか?を解説していきます。

リーダーシップについて聞く理由と回答方法

リーダーシップに対して尋ねる理由は「あなたがリーダーを支えることができ、リーダーになれるか?」を知るためです。

リーダーシップの経験を聞かれた時の回答方法は、周りの人をどういう方法でどれだけ巻き込めたか?を話すことです。 

リーダーを支えることができ、リーダーになれるか人物か?

リーダーシップのある人物を求めていると思いがちですが、新入社員全員がそうである必要はありません。

その理由は我が強すぎて、意見を押し付けたりチームワークを乱す人物の採用を避けるからです。

むしろリーダーシップの経験談がなくても、「リーダーを支えるために自分ができること、やったこと」を話すだけでも価値があります。

リーダーシップを発揮するのに一人よがりでは意味がありません。

支えてくれる人、チームメンバーがいてこそ意味があるからです。

リーダーシップを発揮できる人は、リーダーを支える方法も知っている

革新的で明確なビジョンを持ったリーダーがいてもリーダーシップを発揮するには、支えてくれる存在が必要です。

リーダーとは妥協もしないし、結構強引な部分が必要な時があります。

チームに受け入れられないことがあったときに、リーダーではないけれど皆んなから慕われ信頼されている人。

この人物がいなければリーダーがいくら頑張ってもリーダーシップは発揮できません。

そしてリーダーを支えてくれる人物はリーダーに必要なものを持っているので、自らリーダーシップを取ることもできます。

 

リーダーシップの経験を聞かれたときの回答方法

リーダーシップの経験を回答する方法は、「自分から行動して、周囲を巻き込んだ」という内容です。

理由は信頼されているからこそ、周囲を巻き込む影響力が生まれるからです。

そして信頼を得る方法はいくつかあります。

  1. 自分から行動する
  2. 約束を守る
  3. 仕事やプロジェクトに対して妥協しない
  4. 周囲に感謝を伝える
  5. 相手の変化に気づく

具体的な回答内容はこちらです。

  1. どんな状況だったものを
  2. どういう風に変えたいと思って
  3. 皆んなの協力を得るために何をして
  4. 自分はどんな行動を具体的にして
  5. 周囲がどう変わりはじめ
  6. 結果何を得ることができたか

⑥の結果については、目標を達成するとか、プロジェクト成功など上手くいったことだけじゃなくて大丈夫です。

目標には届かなかった、失敗した”けど”一丸となって頑張ったことで得たものを伝えればOKです。

正直会社員や社会人でもここまでのリーダーシップについての経験談を話せる人は少ないので、学生の人がこの話をできれば「凄い奴だ!」と思われます。

まとめ

この記事では面接のとき、リーダーシップの経験談について聞かれた際に「嘘」や「誇張した表現」をするのではなくしっかりと自分の中にあるリーダーシップの体験談を掘り起こし、伝えるために必要なことをまとめました。

もしあなたが今まだリーダーシップの経験談がないと思っている場合は、まだ間に合うかもしれないので、「リーダーシップがある人になりたい!」という記事を参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です