フリーランスを始めたけどこれから大丈夫!?生活ができなくなる前にやるべきこと。

フリーランスを始めて思うのは収入への不安、仕事が継続できるかの不安。

フリーランスで月100万円稼いでいる人もいるし、フリーランスで稼げなくて会社員に戻る人もいる。

これらは紛れもない事実です。

フリーランスという働き方に安定はあるのか、それとも自分次第なのか?

フリーランスを始めたばかりの人、またはフリーランスになろうとしている人へフリーランス4年目の経験を元に解説していきます。

フリーランスをやり続けられるかは分からない

人材や資本を持っている会社ですら倒産する。

フリーランスという個人もいずれ続けられなくなる時が来る。

今はフリーランスになる人が増えています。

WEB系のライターやデザイナー、プログラマーなどは需要がある時期です。

フリーランスは増えれば増えるほど、評価の高い人・仕事ができる人に仕事が流れていきます。

会社員と違い「頑張った」ではなく結果が全てです。

一個人としての価値が問われる

フリーランスは自由に仕事ができることや、時間や場所に縛られずに仕事ができる面にフォーカスされがちですが本質は「スキルのある個人」がフリーランスです。

スキルなし、経験なし、知識なしの状態でフリーランスになるというのは始めてバイトをして働く人と同じ。

バイトと違うのは、仕事は教えられるものではなく自ら学習することです。

つまり「何もできない」状態ではスキル0なので仕事の受注もできません。

「今から勉強して頑張るので仕事ください」という取引先にお金を払って仕事を依頼しようとは思わないからです。

フリーランスは売上が全て

売上がなければ生活費を捻出することができません。

また売上が全て自分のものになるのではなく、そこから経費や税金を払う必要があります。

副業的な形でフリーランスをするのであれば、「やりがい」や「成長」を目的にしても大丈夫ですが、フリーランスだけで生活するのであれば売上が全てです。

働く時間の自由、労働場所の自由はありますが、売上を上げることが最優先になるので最初は特に自由はないと考えた方がいいと思います。

フリーランスだけでやっていくには限界がある

”フリーランスとして何百万円稼いだ”という人がたくさんいます。

でも冷静に考えれば、会社でも平社員より部長や支店長など昇進すれば給与が上がります。

つまり同じフリーランスと比較され続けて、その比較の中で優れていなければなりません。

生活できなくなる前に収入源を作る

フリーランスの仕事とは、常に取引先があっての受注です。

取引先が事業を縮小したり、受注をしなくなれば収入がなくなってしまいます。

「収入は不安定で、いつかはなくなるかもしれない」

だからこそ、労働ではない収入源を作っておくことが重要です。

  • 株式投資
  • スモールビジネス(仕組み化)

永遠に変わらないことなんて存在しない。

それが自然の摂理なので、リスクを考えて準備をしておく。

選択肢を常に持っておく

”フリーランスになったら会社員には二度と戻らない”と思っている人も多いかもしれません。

しかしフリーランスとはスキルのある個人なので、会社員に戻ったら「できる社員」になっているはずなんです。

だからフリーランス一択だ!と頑固にならず、会社員や経営者など選択肢を持っておくことは大切です。

まとめ

フリーランスには自由という大きな利点があります。

しかしその反面責任もあります。

フリーランスを選んでも会社員を選んでも失敗する人は失敗するし、上手くいく人は上手くいく。

「~だからダメ」という考えではなく、自分がどうあるべきかを考えて頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です